クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス

クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス
クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスに関係する最新情報を見つけたいなら、クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスについて説明しているこのウェブサイトをご覧ください。あなたが知らなかったクレアチニン数値を下げる宅配食事サービスの情報を、他のウェブサイトよりもはっきりとご覧いただくことができるはずです。
TOP PAGE > 食事をして摂り入れたたんぱく質はエネルギーに変わります

食事をして摂り入れたたんぱく質はエネルギーに変わります

食事をして摂り入れたたんぱく質は、新陳代謝によりエネルギーに変わりますか、少なからず老廃物が形成され血液中に残ります。血液は腎臓の内部で分離され、老廃物は尿として排泄されます。

たんぱく質を摂れば摂るほど、老廃物が増加するになるため、腎臓にもたらす負担が増加します。

腎機能を保つためにも、日頃からたんぱく質の摂取量には目を配る必要がありますね。とは言え、たんぱく質は人間の体にとって大切な栄養素であるため、適切な量は摂取する必要がありますね。毎日の食事についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、メニューに関するアイデアや、さらに食塩の軽減対策などを指導します。低たんぱく食事療法においては、治療用特殊食品の使用がメインとなるのですから、それらに関する情報の提供や指導もしていきます。

具体的に患者さんがどのくらいのたんぱく質や食塩を摂取することでているかをチェックします。摂取量の計算方法として、日中の糞尿の検査をします。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることによって、たんぱく質や食塩をどのくらい摂っているかがわかります。

カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし茹でこぼすか水にさらしてから調理しましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量により違いが出ます。ほうれん草などの葉茎菜類で約45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さく切り分ける、茹でこぼしに掛ける、きちんと搾る事で効果は高まります。

近年の問題として、腎機能を悪くする方の増加が挙げられます。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿をつくり体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、電解質の安定を維持したり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を生成したり、私たちの体内でたいへん重要な機能を成しています。

腎臓に関する治療は病院に行って薬を飲んだり注射をしたりすることが大事ですが、普段から、規則正しい食事や生活を送ることが必須です。

腎臓病を患った方がおこなう食事療法のポイントは、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になるのです。

透析が必要無い保存期の間は、食事療法を手掛ける事で腎不全の進行ペースを抑えられ、結果的に透析を開始する時期を遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。CKD治療の主なものは薬物治療と食事療法で、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。

食事療法に関しては減塩と蛋白制限が軸となり、減塩食は高血圧(一日のうちでも変化していますし、精神状態にも左右されます)において治療をしやすくし、蛋白制限食は腎機能の抑制効果が認められています。CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この量は日本人(海外でのイメージは、メガネ、カメラ、お辞儀でしょうか)の平均的な塩分・蛋白のおよそ半分にあたるため、日頃の食事よりも蛋白制限食は美味しくない、カロリー摂取が満たされないなどで、実施するのが難しい方もたくさん見られます。推奨蛋白摂取量は、標準体重あたり0.8 g/Kg 程度になるのです。

60kg前後を標準体重とすると、蛋白摂取量は、一日におおよそ50g必要となるのです。それぞれの食品にふくまれる蛋白量を確認したければ食品標準成分表で探してみて参考にするとよいでしょう。食事療法については、栄養士に教えてもらいながら具体的に応用した食事をつくることも可能です。

開業医さんで食事指導を受けられないときは、できるだけ近くの腎臓内科を併設した病院を紹介してもらい、それから専門的に意見を伺ってもよいでしょう。

人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。

糖質や脂質は体の中で燃焼すると水と二酸化炭素になり、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質は分解されると約7〜8割が窒素を有する余計な老廃物に変移するため、排泄のタイミングで腎臓に負荷が及びます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg当たり0.6g/日求められ、一日分で捉えれば30〜40g程といえるかもしれません。

多くの慢性腎臓病の場合、腎機能が著明に改善することは少ないので、次第にカリウム排泄能力が低下していくことが多く、排泄能力を補うためにカリウムの摂取と排出のバランスが重要となり、カリウム摂取を減らす必要がありますね。

濃縮加工した野菜ジュースは、生の野菜や生の果物と違って多量のカリウムがふくまれています。仮に、腎機能が正常に働いていない患者さんが、日頃から野菜ジュースを多量に摂取した場合、高カリウム血症を呈する危険性が多くなるのです。

肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質がふくまれていますし、ついつい食べ過ぎてしまう食品でもありますので気をつけるようにしましょう。甘いものには意外に多量のたんぱく質が入っています。

お菓子の種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取することでてしまいます。

例えば、ショートケーキひとつには卵1個と同量くらいのたんぱく質がふくまれます。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス All rights reserved.