クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス

クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス
クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスに関係する最新情報を見つけたいなら、クレアチニン数値を下げる宅配食事サービスについて説明しているこのウェブサイトをご覧ください。あなたが知らなかったクレアチニン数値を下げる宅配食事サービスの情報を、他のウェブサイトよりもはっきりとご覧いただくことができるはずです。
TOP PAGE > 食事療法は腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能です

食事療法は腎臓病の進行をほとんど止まっているくらい遅らせる事が可能です

日々のご飯ではいったい何をどれくらい食べたらよいか、メニューに関するアイデアや、各々に応じた食塩の抑え方などを指導します。

主要な低たんぱくご飯療法は、治療用特殊食品の使用が要となるでしょうから、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。実際に患者さんがどの程度のたんぱく質や食塩を摂取しているかをチェックします。日中の排泄物の検査ののち、摂取量を算出します。

尿素窒素やナトリウムが尿へ排泄されるので、一日分を調べることによって、たんぱく質や食塩の摂取量を掌握します。

腎臓病のご飯療法の目的は、腎臓病の進行ペースを遅く指せる事と、現在の健康状態のキープです。

透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を元に腎不全が進行しないようにできますし、透析を始める時期を遅くしていけます。

実際に透析が必要となってからも、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は必須なのです。

人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。

糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質の場合分離されれば7〜8割は窒素を有した老廃物となるため、排泄時に多かれ少なかれ腎臓に負担が出ます。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分に変換した場合30〜40gとなるでしょう。

カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだご飯をつくる場合、細かく切り分けて茹でこぼし又は水さらしを施してから調理を行いましょう。

茹でる事で無くせるカリウムの値は、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なるでしょう。

ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの青豆類は30%当たりは削減できます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、加えて搾る作業をおこなう事で、カリウムは減らしていけます。もっとも適切な蛋白摂取量は、標準体重で約0.8g/kgです。

仮に標準体重を約60kgとすれば、おおよその蛋白摂取量は一日50g程度になるでしょう。

食品のたんぱく質含有量についても食品標準成分表で調べてみるとよいでしょう。

蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。仮に開業医さんにご飯指導を受け付けて貰えなかったら、近くで腎臓内科のある病院を紹介してもらって、専門的な意見をもらってもよいでしょう。

お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。

甘い味付けの食べ物には思ったより多量のたんぱく質が入っています。オヤツの種類よっては乳製品や豆類が混入されているので、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、余分なたんぱく質を摂取する事となるでしょう。

例えば、ショートケーキひとつには卵1個に近いたんぱく質が入っています。

ご飯をして摂り入れ立たんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。

血液は腎臓でろ過され、老廃物は尿として排泄されます。

たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓に持たらす負担が増加します。腎機能を維持する上で、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。

ですが、たんぱく質は人体にとって必要欠かすことのできない栄養源なので、不足しないように補給する必要があります。

腎臓病のなかでも慢性腎臓病に関しては、腎機能の改善が望めず、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、これまで摂っていたカリウムの量を減らす必要が出てきます。

野菜や果物のエキスを凝縮した野菜ジュースは、生のままの野菜や果物と比較するとふくまれているカリウムが、間違いなく多量です。

沿ういったりゆうもふくめて、もし腎機能が健康でない患者さんが、野菜ジュースを常時摂取している場合には高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。

薬物療法とご飯療法がCKD治療の要となり、これらの積極的な管理がCKDの進行を抑制します。

ご飯療法に肝心なのは減塩と蛋白制限であり、減塩食については、高血圧の治療を容易にし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。

CKDステージ3に対する推奨は、減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日ですが、この数値は日本人が一般的に摂取している塩分・蛋白の約半分にあたり、蛋白制限食は美味しくない、カロリーが取れないなどで、実施するのが難しい方持たくさん見られます。腎臓病に罹患した方の増加が、近年問題になっています。

腎臓というのは背中に2つありそこで尿を造り機能としては体の中の不要な老廃物を体の外に出したり、その他、電解質の安定を保ったり、血液に対して酸性への偏りを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球をつくる働きをしたり、これらの機能は我々の体にとってとても大事です。

腎臓に関する治療は病院に行って相応の対処も必要ですが、それ以前に、日頃の食生活習慣を見直すことが大事です。

関連する記事はコチラ

Copyright (c) 2014 クレアチニン数値を下げる宅配食事サービス All rights reserved.